カテゴリ:美術館( 8 )

豊田市美術館

イン・ベッド [生命の美術]

あ、これいいなあー。
「ベット」てゆう視点が面白いですね。

でも、豊田市遠いなあ。

んー、カタログほしいっ。

●展覧会趣旨より

「ベッドは、人類の歴史とともにあります。
 ベッドは、誕生と死、安らぎと病、眠りと夢、
 そして性愛と快楽という、人間の本性にまつわる様々な営みと
 喜怒哀楽の舞台であったし、
 間違いなく舞台であり続けるでしょう。」

官能的だネ‥!

そろそろベットで寝よう‥。

おやすみなさい‥。 
 
[PR]
by robby2004 | 2004-10-08 02:54 | 美術館

GIAPPONE/OTAKU

ヴェネチア・ビエンナーレ第9回国際建築展

続いて、オタク&アート関連。

いいのか!日本文化!
岡田さんと海洋堂さんが
好き勝手にやってるるるR¥^002!

つい、とりみだし‥。

カタログデザインが、よつばスタジオかあ‥。

やるなあ〜。
いや、そうか?

展示案内の[バーチャル体験ルート]が
笑えます。

しかし、下記の野村総研ネタでは
ないが、成熟した(拡大した)マーケットとして
もはや「オタク」はマイノリティではなく
立派な消費者集団ですね。

いつも、思うのは、この後の
集団を指す言葉の組み替え
(定義は別にかわらんでもいい)が成功すれば
グッと市民権を獲得できるかもしれません。
(それの、善し悪し/好き嫌いは別として)

やっぱ集団を指す言葉の定義って
大事だと思うんですよね〜。

最近だと、「ひきこもり」→「ニート」ってな具合かな?

※「Not in Employment, Education or Training」=「NEET」
「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた
具体的な動きをしていない」若者を指す言葉。
日本に、約68万人いるそうです。

個人MEMO 講演会
●講 師: 妹島和世+西沢立衛(SANNA)
テーマ: 近作について
日 時: 11月5日(金)18:30〜20:30(開場 18:00)
会 場: 有楽町朝日ホール11階
(東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン)
定 員: 728名(入場無料・要整理券)
作品、金沢21世紀美術館を使っての講演会、今回、
ベネチアビエンナーレ第9回国際建築展で金獅子賞を受賞。
[PR]
by robby2004 | 2004-10-03 15:57 | 美術館

9月14日(火)

昼 玄米フレーク
夕 かつカレー(大)、アイスコーヒー
夜 鰯フライ定食、jackコーラ割り4

今日は、昼から例の「RIMPA展」に竹橋まで。

前期の展示は、見逃してしまい
今日から、後期の展示。

でも、初日だからか、結構混んでました。

たぶん、土日はまともに見れなそうですね。

ボクは、空いてる美術館でまたり鑑賞するのが
好きなので、あまり大きい展覧会は行かないのだが
今回は別でした。

でかい屏風絵に、琳派と呼ばれる
数々の作家の作品が並ぶ。質、量ともけっこうでした。

有名な「風神雷神」や、加山又造など
シビれる絵が多かった。

帰りは、駅前の毎日新聞社の地下のカレー屋で
かつカレー。スポーツ新聞よみながらカレーを喰う。

巨人の上原、結婚か。
おれも30だし、結婚するかな〜。

妄想とカレーで、腹いっぱい。

そして、ちょい仕事で、神保町へ。
サクっと終えて、帰りに駅前の「さぼうる」で
アイスコーヒー。甘い〜〜

今日も、東京はなかなか暑かったです。
[PR]
by robby2004 | 2004-09-14 22:44 | 美術館

9月7日(火)

昼 玄米フレーク
夕 元祖オムライス、ハンバーグ、小瓶1(煉瓦亭)
  紅茶、バナナのタルト(キルフェボン)
夜 和弁当(鮭いくら/ファミマ)、本生1、淡麗1

昨日から引き続き仕事やる気でず!
モチベーションが高まらないので
余暇の研究をしに、銀座まで行く。

一件目[ggg]の看板が目立つ
ギンザグラフィックギャラリーへ。

Graphic Wave 2004 工藤青石×GRAPH×生意気
【 2004年9月3日(金)〜9月29日(水):無料】を観る。

生意気サンって、気になってたんですが
まだちゃんと認識してなかったので、この機会にと。

展示は、やや大味でしたが、まずまず楽しめました。
カレンダーのフォントがいい案配。

次に、普段は縁のないメゾン・エルメスへ。
「イサム・ノグチ、ランドスケープへの旅」展。
【会期9月7日〜10月17日:無料】

表通りのエルメス裏にある秘密のエレベーターで
8階まで直通で登る。
受付やエレベーター係、入り口に至るまで
ものすごい丁寧な応対に、逆にこちらが恐縮。

普段の美術館の、ほどよい素っ気なさとは対をなす接客は
たぶん、エルメスというブランドの顧客を
大事にする姿勢の表れなのですね。

(余談ですが、昔、ちょっとディズニーさんと仕事で関わった時も
自分たちの【ブランドイメージ】を大切にする姿勢に
感心した記憶があります。文字のチェックとかで結構苦労しました)

んで、イサム展ですが、
ちょい前の【ブルータス】の写真特集:BOYS LIFEでもあったように
彫刻家イサム・ノグチが「余暇」と「レジャー」、「公共空間」の
研究をすべく、1949-1956年の間、世界の遺跡などを
廻っていろんなものを観てきた写真報告です。
(ボーリンゲン基金という財団が研究資金を提供)

館内のシックな雰囲気と、写真+ミニチュアの立体や焼き物など
(氏は魯山人とも親交があったんですね)展示してあり
充分楽しめました。

ただ、エルメスの社員(?)さんの、丁寧すぎる感じに
やや気疲れしたのが残念。でも、無料だし、ぜんぜん文句いえませんね〜。

んで、帰りは銀座で一度行ってみたかった
煉瓦亭で夕飯。元祖オムライスは、オムレツの要領でゴハンが
混ざっており、びっくりした。
ハンバーグはフツウにウマかった!中がミディアムレアで
ナイフで切ると、じゅわ〜と肉汁が出てきて、すごい食欲を
そそりました。あと、ビールの小瓶を一本飲んで、大満足。

さらに、近くのキルフェボンへ、男一匹、潜入。
お客さんは99%女子で、男一人でいる僕は
相当珍しいです。でも、スキなものは仕方ナイですね。
ここのケーキは、いつか全部制覇してみたいっス。

今日は、鑑賞費が全部無料だったので、ちとゴハンに
贅沢してみました。

次、ねらっているのはRIMPA展です。
ぜったい近日中に行きまーす。




b0005135_0435048.jpg

     メゾン・エルメス入り口
[PR]
by ROBBY2004 | 2004-09-08 00:43 | 美術館

9月2日(木)

朝 アイスコーヒー、ホットドック、ハムパン(ドトール)
昼 生1、パン、スズキのポアレ、スープのシャーベット、
  コーヒー、白玉ぜんざい
夕 玄米ライスカレー(会社)
深夜 淡麗1、秋味1、ホットドック

今日は、出勤前にこっそり品川の原美術館へ。

リンクさせてもらっているブログの
manamizwさんに教わって興味が湧いたので
行ってみました。

やっていたのは
「奈良美智展 From the Depth of Drawer」
(会期 8/11 - 10/11)

特に、奈良さんラブラブ〜って訳ではないのだけど
気がつくと、見にいってしまいます。
なんでだろ。

絵が、バカ姉弟と似ているからかな?

ここの美術館は、雰囲気が
すばらしいです。

ボクは建築の知識とかぜんぜんないですけど
館内、中庭、外観、屋上と、素人でも目を見張ります。
革張りのおおきなソファとかも、かっこいい。

今回は一人だったけど、
デートとかにも良さげですね。

んで、昼はここでランチをとりました。
スズキのポアレは、皮がカリッとしてて
ソースとハーブも組み合わせが良く
おいしかったです。

コーヒーは、まあまあかな。

午後は、ちょっと曇りだったんですが
晴れた日とか、ここでゆっくりするのは
とてもぜいたくな時間だと思います。


b0005135_21533936.jpg

            原美術館、入り口
[PR]
by robby2004 | 2004-09-02 21:53 | 美術館

ムンクの「叫び」、強奪される!

[時事通信」の記事より

ノルウェーのオスロにあるムンク美術館で、名画「叫び」などが強奪された。
犯行グループは覆面姿の3人組。警察当局が多数の警官を動員して行方を
追っている(22日、オスロ)(AFP=時事)

たしか10年くらいまえに、東京で
ムンク展やってた時、【マドンナ】と【思春期】に
釘付けになった記憶があります。

あ〜、盗まれちゃったのね‥。

なんか映画でも、絵画泥棒の話、ありましたよね‥。
タイトル忘れましたが。

ちなみに、理想の泥棒は
【ロード・トゥ・パーディション】の親子。
父と息子で銀行タタキ。
カポネの裏金だから、あまり悪く無いってトコと
小さな息子がドライバーってのがgood。

ちなみに、僕、免許ないです。



※今日のごはん
昼 生1、ピザ
夜 生1、海鮮タンメン
おやつ pino、肉まん


b0005135_234781.jpg



b0005135_2355029.jpg

            「パパ! 分け前は、折半だよ!」
[PR]
by robby2004 | 2004-08-22 23:46 | 美術館

8月3日(火)川崎市民ミュージアムに行く

朝  家カレー(二日目はうまい)
夕方 小龍包のコース(南翔饅頭店川崎店)
早朝 モーニング/クロワッサンとカプチーノ+豆サラダ(エクセルカフェ)

●かねてから、チェックしていた川崎の美術館でやっている
『日本の幻獣展』に行く。UMA! UMA!

料金は、大人900円で、中学生以下は無料。

行ったこの日は、夏休みらしくキッズたちの姿も
ちらほらいました。
京極夏彦氏の世界とか、川口宏の探検隊(?)とか
妖怪スキには、なかなか楽しめる企画だと思いました。

文献的にいくと、たしか安土桃山時代前後から
国内での妖怪確認がされたらしく
明治や昭和初期ころのユニークな新聞記事や
絵付きの怪談本など多数展示

さらに目玉は、国内各寺に保管されている(!)
妖怪のミイラ(?)が連発して登場。
しまいには、小型の竜(ドラゴン)もあったりと
けっこうトリップできる。

大きくは、
河童、
件(くだん=人面牛)、
雷獣(落雷で空から落ちてくる獣)、

この辺りの発見例が昔から多いそうである。

展示を二時間くらいかけて、ゆっくりと観たあとは
川崎駅地下構内の小龍包のお店
『南翔饅頭店』に入る。
六本木ヒルズ内に本店があるらしく
この店のデザインも、茶色を基調にした
品のある内装デザイン。ちょい『トラヤカフェ』に
似た印象。(あそこはサンアドのウーロン茶のディレクターの
人がデザインやってましたよね)

んで、コースで食べたのだが
はっきり言って、かなりうまい!

オススメは『小エビ入り小龍包』。
うめ〜〜〜。連発でした。
スキがない味と申しますか。
コース全般にわたって、高いレベルで
統一されてました。

デザートは、スイカだったんですが
季節ものの素材もいいんですが、
どうせなら杏仁とか作ってあるやつを
ぜひ食べたかった! でも満足でした。

そして夕方会社で仮眠をとって、
深夜〜朝方まで仕事。ん〜〜
今日も暑いです。





b0005135_7483262.jpg
[PR]
by robby2004 | 2004-08-04 07:47 | 美術館

お気に入りの美術館

私(めがね君)は
たまに、ふら〜と美術館に行きます。

ホントは仕事してなくちゃイケナイ時間でも
こっそりお出かけしちゃうワルいクセがあります。

一番よく行くのは、恵比寿にある
東京写真美術館です。
ガーデンプレイスという場所の奥にあります。

こちらは友の会に入ってて、年間でだいぶオマケして
いただいております。
なぜここがお気に入りかというと
センスがイイんですよね〜。

『ファミコン特集』とか
伝説のロック写真家『ミック・ロック展』とか
企画がなんか充実してて、
普段は美術館とかにいかないような人も
来てたりします。たぶん学芸員さんのセンスが
イイんでしょう。

帰りに、恵比寿駅奥のneuf cafeで
オムライスとかビールのんだりするのが
また、楽しみでもあります。

あと他に好きな美術館は
初台のオペラシティー・ギャラリー。

ここは、いつ行ってもガラガラ(笑)で
そこがとても気持ちイイです。
最近行ったのは

『タイム・オブ・マイライフ』展
『個人コレクター』展

どちらも、印象に残ってます。
広いスペースで、デカイ絵をのんびり見るのは
なかなか贅沢なコトだと、最近になって気づきました。

あと、ココに行くと必ず
円形広場でピッコロみたいのを吹いてる
女性の大道芸人さんがいて、なんか不思議です。

みんな癒されているのでしょうか?


b0005135_821134.jpg

[PR]
by robby2004 | 2004-07-30 09:50 | 美術館